第2弾!ゼロから始めるビジネスエスノグラフィーWS

好評につき、第2弾開催します!

ゼロから始めるビジネス・エスノグラフィ 〜フィールドワークとインタビュー〜

参加登録はこちらから。

 

趣旨

現在、様々な分野でデザイン思考が取り入れられています。本ワークショップでは、デザイン思考を導入するうえでカギともなるエスノグラフィに関して、ベースとなるフィールドワークとインタビューを体験していただきます。
エスノグラフィとは、もともと人類学などで研究対象を観察する手法として発達してきました。この方法をビジネスに応用した事例は海外では数多く存在し、エスノグラフィの手法が近年注目されています。そういった観点から、消費者や従業員の潜在的な欲求や彼らの考えを多面的にとらえる能力はビジネスマンにとって必須です。ビジネス界に対して、より広く分かりやすくエスノグラフィの手法を伝えるための講座です。

講師

朱 藝 筑波大学 ビジネスサイエンス系 助教
八木 規子 聖学院大学 准教授
鈴木 麻美子 株式会社シグマクシス
大戸 朋子 BEL

開催日程

2020年1月19日(日)
開催場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎 122講義室(東京都文京区大塚3丁目29-1)

*満員のため、教室を118から122に変更しております。

 

日程 講座内容 担当教員
10:00 – 10:50 イントロダクション
レクチャー(エスノグラフィとは ~その発展と事例)
朱 藝
八木 規子
大戸 朋子
11:00 – 15:10
(昼食時間あり)
Part1:フィールドワークの方法
レクチャー(フィールドワークの方法)と実習(ワークショップ)
朱 藝
鈴木 麻美子
15:15 – 16:45
Part2:インタビューの方法

レクチャー(インタビューの基礎)と実習(ワークショップ)

朱 藝
鈴木 麻美子
17:00 – 17:30 レビュー
ワークショップの振り返り
朱 藝

※参加人数によって時間が変更になる場合がございます。

受講対象者

ビジネスにエスノグラフィを取り入れたい、興味のある方

受講人数

24名(最低開講人数15名) 先着順

受講費用

1名  15,000円(税込)

修了証発行

1日で3分の2以上のプログラムに参加した受講者には、筑波大学発行の受講修了証が授与されます。

受付期間

2020年1月5日(日)まで

開催場所

筑波大学東京キャンパス(地下鉄東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」下車徒歩3分)
https://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

参加登録はこちらから

Conference in Kunming, China

I organized a panel entitled “Identity Construction and Management: Implication from Asia” and plan to present a paper “Doing Ethnography in Business: Identity Manipulation and its Implications” at the 8th International Conference on Business Anthropology (June 6-8).

Doing Ethnography in Business:

Identity Manipulation and its Implications

Yi Zhu

 This presentation is an autoethnography of my experiences conducting participant observation in a business organization aiming to examine an ethnographer’s manipulations of identity in the field, its connection to the meaning of Hong Kong society, and its implications on actual business. This presentation analyzes, from the lens of the presenter who was born in Mainland China and educated both in Mainland China and Japan, the process of identity manipulation based on one-and-a-half years of fieldwork in a Japanese multinational retailer in Hong Kong. During my participation in the retail shops as full-time intern, I assumed multiple identities related to nationality, ethnicity and social class, and sometimes I felt necessity to manipulate these identities aiming to build up trustful relationship to get data I needed.

First, I avoided actively promoting my nationality as Mainland Chinese to local employees because I was aware some of them had anti-Mainland sentiment. Data I collected through fieldwork as well as online social network communication showed a glance of the complex identity politics in Hong Kong after the handover. Second, some of my behaviors have confused local employees to identify my ethnic identity. Being educated in Japan for primary school and higher education, some of my behaviors, such as the way of speech and make-ups, inherited various cultural traits from Japan, and this made local employees to identify me as Japanese. On the other hand, since I am also capable of speaking fluent Mandarin with Southern accent, some would identify me as Taiwanese. In some occasions, I tried to strengthen their identification by emphasizing the image they have as Japanese or Taiwanese. Third, I change my social class according to whom I am talking to. Sharing my stories being a post-graduate student at one of the prestige universities in Hong Kong allows me to become friends with management trainees who felt privileged in the company by possessing university degrees. In a meanwhile, when communicating with high school graduates and associate degree students who had grudge against management trainees for feeling inferior, I intended to show I am in fact non-privileged.

This presentation shows the process of identity manipulation and implies that ethnographers sometimes might have to manipulate their identities according to the unique context of the field or to be neutral to avoid workplace politics. Researchers may also need to make good use of their identities as academic fieldworkers to proactively pursue their needs for better research outcomes. This case has several implications for training ethnographers in business. First, an ethnographer needs to be a silent listener. An ethnographer needs to not only avoid getting in the middle of workplace politics, but also to build a trustful relationship with different parties. Second, an ethnographer needs to be neutral in opinion. It is expected for an ethnographer to be “blank” before and while in the field. Third, an ethnographer needs to be less emotionally attached to the organization they are investigating to remain objectivity.

 

Ted×Otemachi LIVE talk

Ted×Otemachi LIVEでのトークがアップされました!

なぜAI時代に人類学的思考法を持った人材が必要なのか? AI時代において人間の役割は何か.今企業にとって、どのような人材が必要なのか。ビジネスと人類学の視野からひもといていきます。

Why do we need human resources with anthropological thinking in the AI era? What is the role of human beings in the AI era? What kind of human resources practices are needed for companies now? Business Ethnographer Yi Zhu addresses the topic, linking perspectives from both business and anthropology.

現在、サブタイトル追加の作業を行っております…

非常にベーシックなことを話しているので、エスノグラフィに少しでも興味のある方は、ポチっとしてください(^^)

TEDに関するその他情報は公式ウェブサイトから:https://www.ted.com/tedx

学会賞受賞

この度は、光栄ながらも2019年度異文化経営学会の学会賞(論文)を授与致しました。当学会からは、研究助成金をいただいたうえ、論文発表の機会もいただき、大変ありがたく存じます。今後とも研究に精進してまいります。

受賞した論文:

Zhu, Yi. 2019. Cultural Conflicts in the Process of Embedding Mission Statements. Transcultural Management Review (Ibunka Keiei Kenkyu), 15, 55-70.

IMG_9179.JPG

ビジネスエスノ@産学連携シンポ

2019年3月15日、筑波大学(東京キャンパス)にて開催される第1回産学連携シンポの第2部マッチング会場にて、ビジネス×エスノグラフィ×組織変革/イノベーションについてのブースを設けます。

興味のある方は、以下のポスターに掲載されている会場までお越しください。マッチング会場「ビジネスサイエンス系」15:00-16:00、担当は朱助教です。

【日時】 2019年3月15日(金) 9:45~16:00 *入場無料(事前登録制
【場所】 筑波大学東京キャンパス文京校舎 (東京都文京区大塚3丁目29-1)
【対象者】民間企業、スタートアップ企業、ベンチャーキャピタル、投資家、金融関係、政府関係、地方自治体など

キャプチャ.PNG

ポスターはこちら