2016 経営哲学学会

2016 経営哲学学会関東部会「ー日本企業の再検討ー」で発表しました。

企業エスノグラフィー研究から見た日本企業:人類学者と経営学者の対話に向けて

Advertisements

2016 異文化経営学会発表

2016 異文化経営学会研究大会 @立正大学

異文化の市場における従業員の動機付け:経営人類学的考察

本発表は、人類学的視野に基づき、企業の経営、特に従業員の動機づけに関して考察していく。具体的には、香港に事業を展開している日系小売業(A社とする)を事例とし、①当該企業が如何に海外市場において、顧客サービスの改善を目的に、金銭的・非金銭的報酬によって従業員の動機づけを図っているのか、②従業員側は、どのような考えのもとで行動しているのか、③企業と従業員がどのように相互作用し、経営プラクティスに影響しているのか、について検証する。本発表のデータは、発表者が1年半行った参与観察(participant observation)に基づいている。

多くの異文化経営に関連する研究では、過度に文化の相違に注目している傾向があり、企業制度が従業員に及ぼす影響に十分目を向けていない。また、研究視野としては、経営側からであることが多く、従業員の「声」が十分に反映されてこなかった。本発表では、海外に積極的に事業展開を行っているA社に注目し、従業員の目線から、如何に企業の制度が従業員の考えに影響し、従業員の人間関係が経営に影響しているのかについて分析していく。

まず、A社の顧客サービス向上を意図した金銭的・非金銭的報酬のシステムについて分析する。顧客サービス改善の基準となるマニュアルを分析した結果、「曖昧な評価項目の記述」、「強い日本的要素」といった特徴があることが明らかになった。そして、顧客サービスの評価過程では、「絶大な権限を持つ店長像」が見られた。次に、如何に上述の制度的な特徴が、従業員の人間関係に影響しているのかについて考察する。その結果、これらの制度的な特徴が、「欠点」や「不公平な評価基準」として従業員の目に映り、彼らの職場関係に悪影響を及ぼしていたことが判明した。最後に、詳細な事例を通じて、如何にこのような従業員間のコンフリクトが「非協力」的な行動を促し、結果的に、顧客サービス向上の目標達成に至らなかったのかについて明らかにする。

本発表は、異文化市場において経営を行う際、文化的な相違点だけではなく、「曖昧な評価項目の記述」、「強い日本的要素」、「絶大な権限を持つ店長」といった制度的要因がモチベーションの低下に影響を及ぼすことを明らかにしている。そして、従業員の間に生じたコンフリクトが、企業の期待する結果の達成を困難にすることも経営を考える際、考慮すべきであると示唆している。

 

2016 Presentation at SEAA

2016 SEAA @Chinese University of Hong Kong

Brand building and reinterpretation of its meaning:
Case of a Japanese fashion giant in Hong Kong

Based on a case study of a Japanese fashion giant, Uniqlo, in Hong Kong, this presentation analyzes how a company’s “global” or homogeneous brand strategy has been reinterpreted differently in the local market and how local employees recreated its brand meaning. It firstly discusses how the company started to aim for a “global” brand building, and how the company attempts to do so by standardizing its customer service performance and by implementing a unified manual, which has two characteristics: one is its ambiguous description and the other is its strong emphasis on the employees’ “superficial” performance. These two characteristics allowed the employees to manipulate their performance and they were strongly encouraged to do so in some specific occasions. One of the common occasions is when they found their manipulated performance benefits to get a higher evaluation, and another occasion is when they found it efficiently helps them to build up a higher social status at the company. This presentation shows the dynamics of local reinterpretation in the process of global homogenization within the modern business organizations and to suggest the importance of the anthropological research in the field of company study.

 

2016 AJJ春大会発表

AJJ春大会@東北大学

2016年4月23日、24日

Anthropological study on Japanese management:
Issues and perspectives

This presentation explores the implications and challenges that anthropological research into Japanese management faces, particularly in the field of cross-cultural management. During the rapid postwar economic growth in Japan, a large number of publications on Japanese companies were produced and many management scientists concluded that the “cultural uniqueness” of Japanese management is one of the secrets to that success. However, along with Japan’s declining economic performance, these scholars started to criticize traditional Japanese management as one of the major causes for its failure overseas. This radical yet conflicting shift was mainly due to most of the scholars confusing the corporate propaganda that constructed an image of “cultural uniqueness” with what was really happening. Based on long-term participant observation at a Japanese fashion retailer in Hong Kong, this presentation reveals the gap between “cultural uniqueness” and reality. The company uses its promotional system for propaganda about its unique culture; however, the employees realized the gap, which led them to manipulate their work performance to satisfy their own interests. The gap thus resulted in the creation of a picture different from the company’s expectations. This implies that an open dialogue with scholars from diverse research agendas is necessary to provide the various real pictures to enrich the field of cross-cultural management; it also gives an insight into how anthropological work could be applied to a business setting.

2016 日中社会学会発表

第28回日中社会学会大会@長崎大学

2016年6月4日、5日

異文化経営の再考:企業エスノグラフィー研究からの示唆

人材の移動が加速するグローバル市場において、多くの企業にとって異文化の背景を有する人材の管理が大きな課題となっている。これまでの異文化経営研究では、Geert Hofstedeを代表とする文化的次元を理論的枠組として経営を考察することが多く見られた。しかし、そのような研究では、企業の独自な文化や現地従業員の性質を過小評価し、ローカルのコンテクストにおける異文化経営の課題を見出すことが困難である。本報告では、人的資源管理を具体的な事例とし、企業エスノグラフィーという長期的な参与観察を研究手法を通じて、現代社会における異文化経営のあり方を再考する。